職業訓練って何?お金をもらってプログラミングスクールに通える裏技

プログラミング初心者

今回の記事は現在失業中、失業する予定の方かつ、転職先をIT業界で考えている方未経験でプログラミングを学びたい方向けの記事です。
実際に新卒で入った会社を1年でやめ、職業訓練でプログラミングを学び、IT業界に転職したのでその経験を交えて職業訓練について詳しく解説します。

ビギン
ビギン

今の会社辞めたい…
パソコンわからないけど次はIT業界に転職したいな。
お金はないからスクールはいけないけど

ゆりグル

ゆりグル

それならいい方法があるよ!!

はじめに

今の仕事が自分に合っていないと感じる方、会社がブラックでもう耐えられないという方は、多いのではないでしょうか。また、コロナウイルスの影響で失業してしまった方もいるかと思います。
つらい時期は一人で悩んでしまうこともあるかと思います。
私も新卒で入った会社が合わず辞めたいが、3年続けるという謎の風習に押しつぶされそうでした。
新しい道は必ず開くし、今の仕事が人生のすべてではないです。
これからはITに強い人の需要がますます増えるのではないかと思います。
この機会に未経験でプログラミングをやってみるのはいい機会かもしれません。

職業訓練とは?

職業訓練とは、失業している人、また仕事を探している人を対象に、就職に必要な知識や技術を学校に通い身に着け、就職に繋げるための訓練です。
主に、公共職業訓練(離職者訓練)、求職者支援訓練があり、失業保険をもらっているかどうかによって訓練名が違います。

職業訓練の期間は3ヵ月~2年まであります。
教科書代はかかりますが訓練自体は無料です。ちなみに交通費ももらえます。
長い期間の職業訓練を選べばなんと、失業保険を延長でもらうことができます。働いていた期間によっても違いますが、失業保険は大体3ヵ月間もらえます。ですので、3ヵ月以上のコースを選ぶと失業保険もその期間延長してもらえるのです!!

申し込みは管轄のハローワークで、お住いの都道府県にそれぞれ職業訓練校はあります。
コースも様々あり、自分の選びたいコースを選ぶことができます。介護、医療系、事務系、美容系、観光系などジャンルは様々です。
最近ではプログラミングやパソコン系の講座も結構あります。

対象者:失業者、求職者
期間:3ヵ月~2年
価格:無料、教科書代別途かかる
コース:様々なジャンルあり

IT系コースの種類

東京都ではIT系コースが充実してたので、私は東京都の離職者訓練を受けました。
東京に住んでいなくても受けることができ、神奈川や埼玉の人は私が受けていた時にはいましたので、近隣であれば通えますね。
職業訓練は申し込みが終わった後、面接などがあるものもあるようですが、東京都は特になく、志望理由を書くだけでした。

都道府県にや時期によって開催している講座は様々なのですが、IT系コースの例を紹介します。
パソコンの基礎から、ネットワーク、プログラミング、Webデザインまで幅広いコースがあります。

・パソコン実践科
・Javaプログラマ養成科
・基本情報技術者とPython科
・AI・IoT科
・ネットワーク・サーバ構築科
・Webデザイン・Webサイト制作
etc……
ビギン
ビギン

プログラミングはパソコン初心者でも大丈夫かな…

ゆりグル
ゆりグル

パソコンの基本操作ができれば心配ないよ

職業訓練に半年間通った感想

私は、Androidアプリ開発科の訓練に半年間通いました。
半年間の内容はJavaというプログラミング言語の基礎と、SQL(データベースの言語)、Androidアプリ開発を学び、卒業する際に簡単なアプリ制作を行いました。
私は、職業訓練校の紹介で就職することができましたし、初心者でもプログラミング言語を学べ、勉強するきっかけになりましたので、結果的には通ってよかったと思っています。
しかし、職業訓練に通って、良かった点があったように、悪かった点もあるのでまとめてみました。

良かった点・悪かった点

以下に職業訓練に実際に通ってみて、良かった点・悪かった点をまとめてみました。

・全くの初心者でもプログラミングの勉強を始められる
・途中でプログラミングが合わないと思ったら辞められる
・失業保険があるのでお金の心配がない
・就職口を紹介してもらえることがある(真面目に授業を受けている場合)
・モチベーションが保てない(出席日数に余裕があるので、さぼる人が出てくる)
・プログラミング経験者には物足りない
・就職の意欲が下がってしまう(失業保険は訓練が終わってからの1ヵ月間もらえる)
・就職紹介については枠があまりない、結果的に自分で探す人が多い

転職というのはすぐにしないと意外にモチベーションが保てないことがあります。また職業訓練では、他のプログラミングスクールに比べたらプログラミングあまり関心がない人もいます。どこのコースにもいると思いますが、転職までのつなぎくらいにしか思ってない人もいるので…

しかし、真面目に授業を受け、積極的に家でも勉強している人は就職でも有利です。
また、前の会社を辞めてから少し時間に余裕が欲しいという人にはピッタリだと思います。
失業保険をもらいながら新しいことに挑戦できるので、こんなおいしい話はないでしょう。

まとめ

失業保険をもらいながらプログラミングのスクールに通えるなんてこんないい話あるの?と私も最初は疑っていました。ハローワークがやっているものなので、怪しいものでは一切ありません。
あまり知らない人も多いので、シェアできたらいいなと思いました。
失業してしまって、プログラミングスクールに通えるお金はないし、転職も不安という人はぜひ職業訓練を調べてみてください。ハローワークでも聞けば色々教えてくれますので、直接問い合わせてみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました